「カッコイイおとな」になりたい!!

見すごされている、もしくは言ってはいけない2、3のこと

生き方

「呪い」(のろい)、かかってませんか?②|親のもつ素晴らしい力に、気づいていますか?

「呪い」がじっさいにある、なんてこと聞くと「そんなことは信じない」「ありえない」という人がけっこう多いのではないかと思います。 じつは私もどちらかと言えば信じないタイプ、というか信じたくないといった方がより正確かもしれません。 ここで問題に…

「呪い」(のろい)かかってませんか?①|丑の刻参りもこわいが、日常にある「呪い」もいつの間にかかかっててけっこうこわい…という話

子供というのは怖い話が好きらしい。 自分も小さい頃は怖い話とか不思議な話とかが好きで、本で心霊写真を見てはブルったりしてた これは今も変わらない普遍的なものがあるらしく、うちの小学生の子もそういう本を好んで読んでいる。 そんなこともあってこん…

「がんばって」はなぜ言ってはいけない?――真面目ひとすじのQたろ~がホリエモンに生き方を学ぶ

生真面目な人ほど心を病むと言われています。 なぜでしょうか? 筆者(Qたろ~)もそんな生真面目な人間の一人。三十年このかた、真面目ひとすじで生きてきました。 おかげで、いいこともありましたが…じっさいはまじめで損したな、ということばかり。 職場…

皿洗いで逆にストレスを解消する方法~~食器洗いのメリット・その②

彼らに共通するのは、決して皿洗いをイヤイヤやっているわけではないということだ 皿洗いで自律神経が整う 小林弘幸氏は自律神経の専門家として、もはや日本ではもっとも有名になってしまった一人だろう メディアは自律神経に関してなにか番組などで取り上げ…

シンカリオン・ハヤトの言いたかったこと3~機械も人間も同じ~

<前のページへ 「機械は人間と同じ。ちゃんとツボを押さえてやればいつまでも働くし、間違って扱えば、すぐ止まりもする」 経験と知識をかわれて「超進化研究所」に配属された整備士の「キントキ」さん 気むずかしく職人かたぎの彼は、長年にわたり鉄道の車…

シンカリオン・ハヤトの言いたかったこと2 ~鉄路にたずさわってきた、すべての人たちへ~

< 前のページへ ところで、「シンカリオン」は子供むけの変形ロボ・アニメでありながらも、制作にはJR社と連携しているという それだけに思いのほかリアルな面もあり、鉄道関係者を泣かせているのではないだろうか たとえばシリーズがはじまる一番最初のシ…

シンカリオン・ハヤトの言いたかったこと1 ~扱い方をまちがえると、壊れちゃう・・・人間だって同じだよ!~

子供と暮らしていると、子供むけの作品にハッとさせられることが多い 放映開始以来、人気を博しつづけているアニメ 「新幹線変形ロボ シンカリオン」シリーズ 一言で説明するならば 世界観は「エヴァンゲリオン」 戦うのは「新幹線のトランスフォーマー」 と…

皿洗いで逆にストレスを解消する~~食器洗いのメリット・その①

大富豪のビル・ゲイツは毎日じぶんで皿洗いをしているそうだ (あの世界で一・二の大金持ちがやっているなら・・・) と、ふだんしなかった皿洗いを急にやり始めて家族を不審がらせたのは自分だけではないはずだ 彼は家族が使った食器をほぼ毎日洗っているこ…